ツシマヤマネコ

Posted by higumano pu-sann on   0 comments   0 trackback

こんにちはヽ(^0^)ノ
200706041351000_20130903163505b98.jpg

今日はこんなニュースを見たよ!

ツシマヤマネコ 絶滅危機

減る餌、交通事故 人工繁殖して野生復帰

国の天然記念物ツシマヤマネコは長崎県・対馬に約100頭しか生息せず、絶滅の危機に直面している。
1960年代、ヤマネコの個体数は約300頭と推定されていた。だが間伐が行われない森林は荒れ、農薬を大量に使う田んぼが増え、餌となるネズミや昆虫が激減し、2002~04年度の調査で個体数は80~110頭に減った。道路網の発達でヤマネコの交通事故も増え、昨年度は過去最多の13頭が命を落とした。

09年にスタートした取り組みには15人ほどの農家が参加しているが、初めから乗り気だったわけではない。農薬を減らすとコメの収量は減るからだ。佐護ヤマネコ稲作研究会代表の春日亀かすがめ隆義さん(56)は「ヤマネコを見たことのない人が多かった。半信半疑だった」と話す。地元でさえ見かけない動物をなぜ守るのか、という疑問もあったのだ。

ツシマヤマネコ
ウィキメディア・コモンズより

ところが、その年の収穫の最中、春日亀さんがコンバインを運転していると、突然、稲穂の間からヤマネコが飛び出してきた。「額のしまがきれい。ごろごろしているイエネコとは迫力が違う」。この遭遇がきっかけで、考えが変わったのだという。

市民団体が住友大阪セメントから森林約16ヘクタールの無償提供を受け、ヤマネコの住める森作りも進められている。西野自然保護官も「行政だけではヤマネコが生息できる環境を守れない。地域と信頼関係を作って取り組む大切さを痛感している」と話している。

ツシマヤマネコって凄いね、顔は猫みたいに可愛い顔してるのに 写真を見ると 頭筋から上腕三頭筋が凄い発達しているように見える、尻尾も太い、もうモフモフしたくなっちゃう(^O^) 自然界の中でバランスをとるのに都合が良いのか、臭腺も発達しているのだろうか、ほんと太くて立派な尻尾だ。

イリオモテヤマネコと一緒に こんな山猫が日本にいるなんて奇跡だよね、でも現在100頭前後だなんて!
対馬ではきっと食物連鎖の中では 上の方にいるんだろうけど、やはり山猫といえども猫だ、ちょっとした自然環境の変化、家猫からのFIV感染、農薬、交通事故であっという間に絶滅してしまう。

人間はこれまで自分の利益のためにやりたい放題してきた、そのための一定の種を絶滅に追いやることは絶対に避けなくてはならないよ、今は農家の人も農薬を減らしてるけど 以前は見かけない動物をなぜ守るのか なんて意見もあったとか!

このような考えの人って沢山いるんだろうな、北海道の海獣の事だって同じだ、自分たちの利益のために絶滅危惧種だって関係ない、野生動物にしてみれば昔から自分たちの生活圏だったのに 人間がやってきて食料を強奪し、また魚を食べて 網に被害が出れば、射殺してしまう。
ツシマヤマネコ2
京都動物園より

本当にそんな考えの人が捕る、作る、食材は果たして人間にとっても安全なのだろうか?
利益のためなら多少の犠牲もやむ得ない、そんな考えはいつか人間に対しても向けられるのではないのか!

対馬の農家の人が山猫のために農薬を減らす、その考えこそ自然に優しい、人間にも優しい、安全な食材を作ることなのではないだろうか。

皆がちょっと優しくなれば地球は安泰なんだけどな!( ´▽`)



象が絶滅しちゃうよ!

Posted by higumano pu-sann on   1 comments   0 trackback

こんにちはヽ(^0^)ノ
2012042111490002_convert_20130630123413.jpg

皆さんにご心配いただいた風邪もトカゲの如き再生能力でほぼ完治!・・おまえはやはりトカゲか!・・いえ 皆様のおかげ、元気玉のおかげです。ありがとうございました。

さて、今日は!読んでてあまり良いニュースじゃないんだ。

同じようなニュースがアフリカとインドネシアからだ!

アフリカゾウ密猟急増「絶滅も」国連など警告 象牙目当て、日本も消費国

日本を含めたアジア各国で高値で取り引きされる象牙目当てのアフリカゾウの密猟と密輸がここ数年、急増傾向にあるとの報告書を国連環境計画(UNEP)や国際自然保護連合(IUCN)などのチームが7日までにまとめた。中国やタイなどでの需要が急増していることが背景にある。

印鑑や装飾品などの象牙市場を抱える消費国の一つとして日本も取引監視体制の強化などを求められそうだ。

アフリカゾウ


アフリカゾウの生息国で確認されたゾウの死体のうち、密猟で殺されたとみられるゾウの比率は2005年の24%から11年には70%に上昇した。全個体数の約40%に当たる約23万頭のアフリカゾウが生息するワシントン条約の密猟監視プログラムの対象地域だけで、11年には1万7千頭が密猟で殺されたと推定。実際の数はさらに多いという。


絶滅危惧のゾウ毒殺相次ぐ スマトラ島、駆除の対象

世界自然保護基金(WWF)インドネシアは5日までに、同国スマトラ島で絶滅危惧種のスマトラゾウが毒殺されるケースが相次いでいるとの報告書を発表した。同島では森林の乱開発で希少動物の生息域が急減。集落や農園に入り込み作物を荒らすなどした動物は、駆除の対象になっている。
スマトラ象


 報告書などによると、WWFは2004年以降、中部リアウ州でスマトラゾウ129頭の死骸を調査。うち59%は毒殺が確認され、13%は毒殺が疑われるケースだった。5%は射殺され、残りは病死などだった。

 スマトラ島ではパーム油が取れるアブラヤシ農園の造成などで森林が大幅に減少。WWFによると、ゾウの生息に適した自然林は過去25年間で7割が失われ、ゾウがえさを求めて集落や農園に入る例が後を絶たない。(共同)


人間って、利権が絡むと冷静な判断が出来なくなり自分の事しか考えられなくなる動物だよね。
恐ろしいとしか言い様がない、利権が絡むと人間はどんな酷いことでも理由を付け正当化してしまう。

機械が発達する前は森林を破壊し木材をぞうに運ばさせ、機械化が進んだ現代、今度は邪魔だと言わんばかりに象を殺す、そして次は 利権の奪い合いで人間が?恐ろしい話だがそうなって初めて気がつく動物だ、人間って!

え・・でも象がいなくなって人間が困ることってあるのって!  それって象牙を取るために殺したり、パーム油を取るために森林を破壊し、象を殺す人と変わらないんじゃない(^O^) 言いすぎかな!



さて 昨日、長男君の部屋のドアが少しあき、何やら部屋の中からゴソゴソ音が(普段、クロ、コタが入れないよう閉めてある! )

そこで突然ドアを開け入ってみると!!!

え・・僕たち悪いことなんかしてないよ!ただ入ってただけだよ!
20130702091500001_convert_20130702183519.jpg

(°д°)・・ママが入ってきたと思ったのか・・そんなにビックリしなくたって・・ねえ(>_<) でも確信犯なんだな♪












ライチョウって白くて、もこもこ

Posted by higumano pu-sann on   0 comments   0 trackback

こんにちは
2012082111100001_convert_20120822195745.jpg
ライチョウって丸くて寒くなるとモコモコして白くて可愛いよね。
そんなライチョウが絶滅の危機にあるんだよ(´;ω;`)

白い雷鳥_convert_20121115133230



ライチョウ増殖 国と連携を


ライチョウを「トキ」にするな――。環境省は10月、国の特別天然記念物のニホンライチョウ保護に国を挙げて取り組む「保護増殖事業計画」を策定した。成功のためには、ライチョウの繁殖研究で先行する動物園との連携がカギを握るとみられる。全国80超の動物園が加盟する日本動物園水族館協会(JAZA)会長で、研究に取り組む富山市ファミリーパークの山本茂行園長は、同省とJAZAが連携を深めるための協定締結が重要だと訴える。

 同パークは今夏、北極圏ノルウェー領の諸島に生息するスバールバルライチョウの「自然繁殖」に国内で初めて成功。卵を人の手で孵卵器(一定の温度に温める容器)に移さず、産卵から抱卵、子育てをすべて親鳥に任せる試みで、計11個の卵を親鳥が抱き、うち8個が孵化。7羽が体長約40センチに成長した。

飼育繁殖技術を確立して、絶滅危惧1B類(近い将来絶滅の危険性が高い)に指定されているニホンライチョウの繁殖に応用できれば、絶滅を回避できる可能性が高いからだ。

 種の保存法に基づき、すでにトキのほかツシマヤマネコなど48種の希少な生物や植物について策定されている立山・室堂地域の推定個体数こそ約280羽と近年は横ばいだが、南アルプスでは減少に歯止めがかからず、国内では約30年前の約3000羽から1000羽ほど減ったとの調査結果もある。

山本園長は「トキやコウノトリなど、国が繁殖に成功した裏に動物園の研究努力があったことはあまり知られていない」といい、「域外保全のイニシアチブを持つのは国ではなく動物園」と断言する。

 動物園は所管官庁があいまいで、文部科学省の博物館法に基づく博物館の一形態に過ぎない。今後、国と動物園が繁殖を目指して取り組むため、山本園長は「JAZAが一元的に環境省と協定を結んで協力する」ことが大切だと指摘。環境省野生生物課の担当者も「動物園と連携が必要との認識はある」と話す( 読売新聞)


ライチョウは学名 Lagopus mutusという、そのLagopusとは、ウサギの足の意味なんだって
雷鳥の足
足に毛が生えてるなんて・・触ってみたいよね 気持ちよさそう さすが2400メートル以上に住む鳥だよね
冬でも暖かいだろうね(秋から 冬にかけて生える)

そしてライチョウは日本で唯一移動しない鳥らしい だから人間の開発とか 気温の上昇に敏感で(26度になると弱る)簡単に減少してしまう。


中央アルプスにも以前生息してたんだけど、駒ヶ岳ロープウェイの開通後数年で絶滅してしまったんだ。
それと登山者の増加で、ハイマツ帯が踏み荒らされる。なんか最近登山ブームだけど マナー、自然環境の保護は守って欲しいよね。登山ガールだか登山ギャルだか知らないけど、大丈夫なのか。ヽ(`Д´)ノ

それに温暖化、推測だとあと3度高地の温度が上がるとライチョウは絶滅してしまうらしい。キツネ、オコジョなどが上がって来れるようになる。

本当は自然な環境にいられることが一番なんだけれど やっぱり絶滅する前に人間の手で種の保存をしていくしかないよね。(絶滅してからでは遅い)悲しいことだよね・・・(;_;)

雷鳥の親子_convert_20121115133740


関係省庁はわかっているのか、大丈夫なのかヽ(`Д´)ノ
(`_´)プー_convert_20120920221227

どうも(_ _)話が長くなりすいません。
気分直しに一曲


エルトンジョンでユアソングでした・・・ホントいい声、メロディもやすらぎますよね。
以前ピンボールウイザードを紹介した時にユアソング( ・∀・) イイネ!っていう方がいらっしゃったので今回この曲にしました。ほんといい曲ですね。