>

北海道で保護されたアカウミガメ!

こんにちはヽ(^0^)ノ
2012091014490001_convert_20121219150453.jpg
今日の札幌のお天気は穏やかで 久しぶりに太陽が顔を覗かせてました。


今作っている燻製も冷蔵庫の中で寝ています。明日、塩出しとボイル、そして一気に燻煙するよ。楽しみ( ̄▽ ̄)
さて、今日は最初にアカウミガメのニュースからです。

アカウミガメ

長崎で放流のウミガメ、苫前で発見

苫前町の海岸で衰弱したアカウミガメが地元の男性に助けられ、稚内市のノシャップ寒流水族館で保護されている
名古屋市の名古屋港水族館が回遊調査のために長崎県で放流したカメで、約1700キロ離れた道北までたどり着いたのは想定外だったという。

カメは同町の元町職員千代谷(ちよたに)由夫さん(75)が先月24日朝、自宅近くの海岸を散歩中に見つけた。甲羅の長さ約35センチで、あおむけにひっくり返り、動きが鈍かった。「放っておけばカモメなどに襲われる」と心配した千代谷さんは、地元の漁業協同組合の知人と協力してノシャップ水族館に連絡、引き取ってもらった。ヒレにはローマ字で名古屋港水族館を示すプラスチック製のタグが付いており、千代谷さんらは同水族館にも保護したことを伝えた。

アカウミガメは本来、水温16~20度の暖かい海に生息し、産卵地も主に福島県以南とされる。11月初めにも別の1匹が興部町のオホーツク海で発見された。北海道での連続発見に、名古屋港水族館の岡本仁飼育員は「想定外だ。海水温が高かったためではないか」と推測している。

カメ、良かったよね。心優しいおじいさん(失礼)に助けてもらって、浦島太郎みたいだ。
それにしても、温帯から亜熱帯にかけての海洋に生息するカメが北海道の寒い地域で見つかるなんて信じられない、地球温暖化により、明らかに海水温が上昇しているんじゃないかな!

このままいくと北海道の海洋生物の生態系が変わっちゃうかもしれない。北海道が変わるって言うことは日本全体の気候か変わることだよね。(オイラは北海道の海山物が好きだから生態系が変わっちゃうのは困ります。)

海水温が上昇すれば当然陸地の温度も上昇するよ、お米の美味しい東北でバナナとかパイナップしか出来なくなったら困っちゃう。

温暖化を抑える方法はないのかな(´;ω;`)
化石燃料由来の二酸化炭素排出量が全体の56.6%(2004年の気象庁発表)
フロン1.1%
一酸化二窒素7.9%
森林減少17.3%
その他の二酸化炭素2.8%
メタン14.3%

これを見ると二酸化炭素はやっぱり石炭、石油の使用を控える、森林の増殖、メタンは家畜、ペット、人間はゲップ、おならをしない(無理)(^O^)、なんか難しいことばかりだね。

みんなは何かいい方法ありますか?(教えてください)

さて今日のクリスマスソングは


山下達郎、クリスマスイブ(English)なかなか良かったよね。
英語でも違和感ないよね、やっぱり楽曲がいいんだね。大変失礼いたしました後で確認したところユーチューブの方が削除されておりましたので、今回ワムのラストクリスマスに変更させて頂きました。
08-02-28-20_17_37itai_convert_20120903220128_20121219191923.jpg
なんか最近クリスマスソングネタ切れしてきたよ・・・(;_;)















コメント

Secret

プロフィール

higumano pu-sann

Author:higumano pu-sann
おいらは ヒグマのプーだよ
プーさんじゃないよ

最新記事
動画
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR