>

昔は不思議だったね^^

こんにちはヽ(^0^)ノ
2012091118210000_convert_20130729230736.jpg

昭和40年前後の事を少し、当時ウチには、たま、まめ、という名の猫を飼っていました。
当時、オイラは小さかったけど この二匹の飼い猫、間違いなく飼っていたのにあんまり記憶になんだよね!

当時の飼い猫って ほんと自由だった。朝居たかと思うと、夕方まで姿は見せないし もちろん動物病院なんて無かったから去勢、避妊なんかしていない、でもマーキングの匂いとか 病気とかもしなかった。

一度だけ 一匹が大怪我(どっかで喧嘩してきた)して帰ってきた もう血が出て、肉が裂けてほんとひどい怪我だったけど 当時は人間に付ける薬とか包帯をしてたけど いつも包帯を自分で取り、傷口を舐めていた。

何度も包帯、薬を付けていたら、治った。

ご飯なんかは いつも人間の余り物 でも残飯じゃなく 余った材料なんかを煮たり焼いたりしてあげてたみたい。

朝と夕方ご飯の時は居るんだけど、昼間は見ない。みんなから可愛がられているんだけど、自由だったよね。
オイラは可愛いなんて思わなかったけど、いつも自然に近くに居たって感じかな。

何日も帰ってこないと、近所の人が マメをあそこで見たとか、タマはあそこにいたとか いつも教えてくれてた。

そんな飼い方だったけどオイラは引っ掻かれたこともなければ、威嚇されたこともない、きっと猫たちはオイラを下に見ていたのかな。

オイラは小さい頃お風呂は薪ストーブだったんだけど いつも薪を入れ 燃やすのが好きだった。
薄暗い薪ストーブのある場所で、ストーブのオレンジの炎に照らされ いつも横にマメとタマがちょこんと座って
オイラと一緒にストーブの炎を見ていたっけ。

彼らはかなり長寿だった。動物病院が無かった頃、猫は人前では死なない、見せないって言われていたけど、二匹ともちゃんと 外から戻ってきて 死んでいた。マメは朝、家に戻ってきて お風呂を沸かす薪ストーブの前で死んでいた。

今、家にはクロスケと小太郎がいるけど みんなから愛されてる。いつも美味しいものを食べて、甘えて、でもきっと人間のほうが癒されてるんだろうな。

なんか しみじみ昔の事を思い出したので とりとめない事書いて、ごめんねー(^O^)・・全然ごめんねーなんて思ってない!


三時のなんちゃらスープを食べて お口の周りをペロペロする小太郎。
小さい頃 食べて下痢をしたので 食べさせていなかったけど よほど美味しかったらしく 長時間、ペロ&催促ニャーでした(^O^) クロは皿に残ってないのに ペロペロ!

2013072923540000_convert_20130730002327.jpg












コメント

Secret

ネコって人間のそばに居ながら、とっても自由な存在ですよね。
うちも、たくさんのネコを飼ってきました。たいがいノラちゃんを
手懐けて飼い猫にしてましたが、子供を産むので増えちゃって、
10匹ぐらい居た時もありました。別れはいつも辛いものでした。
プロフィール

higumano pu-sann

Author:higumano pu-sann
おいらは ヒグマのプーだよ
プーさんじゃないよ

最新記事
動画
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR