>

アザラシに権利はないのか!

こんにちはヽ(^0^)ノ
08-02-28-20_17_37_convert_20131116223250.jpg

さて 今日はこんなニュースだ!

「絶滅危惧」解除?増えているゼニガタアザラシ

襟裳岬(北海道えりも町)などで深刻な漁業被害をもたらしているゼニガタアザラシについて、石原環境相は18日の閣議後記者会見で、絶滅危惧種からの解除を視野に入れた再評価を2015年度末までに行う方針を明らかにした。

 環境省によると、個別の種だけを再評価するのは初めてという。地元の漁業関係者は、再評価の動きを歓迎しながら「一刻も早い見直しを」と要望している。

ゼニガタアザラシは、将来の絶滅の危険性が高いレッドリストの「絶滅危惧2類」に指定され、鳥獣保護法で捕殺が原則禁止となっている。襟裳岬周辺では、12年に600頭程度まで増えたと推定され、13年5月には環境省が同法に基づく調査として、40頭を上限に試験捕殺する予定だった。しかし、直前になって石原環境相の「絶滅危惧種の捕殺は慎重にすべきだ」との意向で中止になった。

その後の調査で更に増えている可能性が高まり、石原環境相は18日「襟裳で増加している事実は間違いなくある。絶滅危惧種としての位置づけの再評価が必要だ」と明言した。環境省によると、レッドリストの生物の多くは個体数の把握が難しく、見直しは5年おきに全種一斉に行っている。個別の種だけを再評価するのは今回が初めてという。

 再評価について、えりも町の岩本溥叙ひろのぶ町長は「やや遅きに失した感はあるが、方向性を改めてくれたことを評価したい」と述べた。秋サケだけで年間4000万円近い被害を受けている、えりも漁協の丸山政利・専務理事は「一日でも早く対処をすることは当然と思う」と語った。

ちょっと記事が長かったね、さてこの襟裳のゼニガタアザラシ、最近まで絶滅危惧2類だった 増えて漁業被害が年間4000万円 アザラシが鮭を食べたり漁網など魚を取る際に壊してしまう被害だよね。

アザラシはわざと壊してる訳じゃない、そこに魚がいるからだ。秋鮭だけで年間?放流してるから?漁師さんが鮭を取り尽くしていなくならないように放流してるんじゃない、それって人間の勝手だよね。

12年に600頭まで増えたって?この頭数で増えたって言えるのかな。アザラシを何十頭か駆除したからって被害が減るのかな、いなくなれば減るよね。最終的には全て駆除してしまうの?

これって ヒグマの被害と似ている 人間が農地を山の奥(ヒグマのテリトリーにまで広げ)まで広げ農作物に被害が出るから、人間に被害が及ぶから駆除するのと変わらないね。

ヒグマが出れば猟友会が山の奥まで立ち入り、成獣であろうが子熊であろうが無差別に駆除してしまう。こんな事が何時まで続くのやら?

大体 人間は自然界から食物を分けてもらっている立場、もう少し謙虚になっては如何だろうか。
国の政策によって燃料費などの高騰もあり、国が折れた形なんだろうけど、漁協の専務理事あたりは、私達よりはるかに生活水準は高いはずだ。

アザラシは何にも悪くない!絶滅しなきゃいいよね(>_<)

動物園6月+597_convert_20140319220945







コメント

Secret

ですよね~
人は本当に勝手な生き物です。
無駄な殺生をする生き物って、
地球上では人間だけなんですって^^;
きっと、自分たちだけの地球だと
勘違いしてる方が多いんでしょうね。

勝手に絶滅危惧種に設定されたり、
かと思ったら解除されたり、
いい迷惑なのはアザラシですよねー
祖父は漁師ですが、
海の物は人だけの物じゃない、地球からの授かり物だから~
と常に言ってましたよ。
プロフィール

higumano pu-sann

Author:higumano pu-sann
おいらは ヒグマのプーだよ
プーさんじゃないよ

最新記事
動画
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR