>

殺処分ゼロの愛護センター

こんにちは\(^o^)/
2012111911490000_convert_20131109193353.jpg

今日は凄く暖かい日でした、今年に入ってから初めて二桁のプラスの温度になったとか。
今週は天気が良いみたいだから 雪解け期待しちゃうよね、先週の金曜日から見たら10センチほど積雪が減ったとか、しかしまだまだ積雪はあるよね。

さて今日はあるブログからこんな話題を見つけたんだ。

ある若者が ぼろぼろの今にも死にそうな猫を保護した。保護した方はアパート住まい、もちろんペットを飼うのは禁止。
しかし彼は猫を病院に連れて行き 何日間か世話をしたんだ。でも里親を探そうにも汚く病気を持っている猫なんか誰も貰ってくれない。

それで彼が思いついたのは 以前聞いた地元の殺処分ゼロの動物愛護センターだった。
ちゃんと動物を世話してくれて、里親も探してくれる。
ここからはブログのコピペです。

6df39d44-s_convert_20140325003438.jpg


そろそろネコの体調も落ち着いたし、と電話した

「何日か世話したんですか?じゃあもうお宅のネコですから飼育の義務はお宅にあります」
と言われた。「自分で飼い主をさがしてください」

あれ?と思った。

「うちは健康状態の悪い野良猫しか保護しません」とも言われた。
拾ってすぐに連れて行かないといけなかったのか……

そのとおりだったんだ 盲目的に信じていた自分が馬鹿だった
実はさらに数日してから、拾ってすぐのふりをしてもう一回電話した
「病気?あー、うちは怪我の場合しか保護しないんです」
といわれた

HPを見ると状態の悪いネコがどんどん飼い主をみつけてもらってるのに、
うちにいるネコはその対象にならないという

cf244567-s_convert_20140325003517.jpg

結局、何週間か自分で必死に看病し 悩んだ挙句 実家に頼み込み、実家で世話をすることになったんだけど、どうも読んでいて違和感があってね、結局はお役所仕事だったのか、臭い物には蓋をじゃないけど、結局は引き取れば手に負えなくなるから引き取らない、関わらない、こう言う事だったのか。

しかし、これがもし本当の事なら、大変なことだ、職務怠慢だよね。引き取った動物を処分すれば良いとか言っているんじゃない、ベストを尽くさず、自分たちは殺処分ゼロの愛護センターだなんて 公表してしまうことだ!

この様な 市の職員の方が転勤で福祉課に行ったりすると思うと恐ろしいよね。

もちろん動物を保護するって口で言うには簡単だけど 必死になれば何とかなるものです。

以前札幌市でこんな事がありました。市内に暫く出没していたヒグマを駆除しないで、山へ返したことがあります。
担当の市の職員の方は生きた心地もしなかったでしょう。なんせ市民から 早く駆除しろ、熊を殺すのは可愛そうだ、この二通りの意見に挟まれ、ぎりぎりまで熊が山に帰るのを見守ったのですから。もし 住民に何かあれば大変なことになります。

愛護センターの方も腹を括って仕事にあたって頂きたいのです。小さな動物とはいえ 命なのですから!
一生懸命やってはいるが 殺処分があった。この方がまだましなのです。


いやはや 重い話になっちゃったね(^o^)
今日のボケテ

4381739.jpg

コメント

Secret

う~~ん、命の話はなかなかコメントが難しいですね。
個人的ですが、すべて自分だったら・・・って考えると
いいアイディアが出てきそうですね。
プロフィール

higumano pu-sann

Author:higumano pu-sann
おいらは ヒグマのプーだよ
プーさんじゃないよ

最新記事
動画
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR